Windows Mobile 5(W-ZERO3など)にATOK for PocketPCを導入する

最近の携帯には当たり前のように予測変換機能がついています。
これは、ひとえにPoBOXの偉大な成果だと思っています。

S505を購入した当初、PalmにPoBOXを導入したときの感激は今でも忘れません。

しかし、WindowsMobile、PocketPCの日本語変換には、予測変換機能は組み込まれていません。あとATOKに至ってはPocketPC2002にまでしか正式に対応していません。

ただ、PocketPC2003でも、Windows Mobile 5でもATOKを導入することは可能です。ただ、そのままインストールするといろいろと不具合があるようで、私も含めみなさん苦労されてました。

ATOK導入の手順

  1. まずは、当たり前ですけどATOKを購入してください。結構古いソフトなので、ダウンロード販売以外での購入は難しいです。

  2. Pocket Tweakをインストールする

  3.  このソフトは、Windowsでいう窓の手に当たるソフトで、レジストリのカスタマイズができます。実際に、何をカスタマイズするかというと表示されるSIPリストの中から、不具合の発生するATOK系のSIPを削除し、OS標準のSIPリストのみにするのです。
     つまり、ATOKはその変換エンジンのみを使うようにし、ATOKによる日本語入力をできなくします。
  4. DefSipChangerをインストールする

  5.  ATOKは、その親切心からインストール後、単語を登録した際など、ATOKのSIPを標準のSIPとして置き換えてくれます。しかし、VGA環境においては余計お世話ってものです。そこでこのソフトは、デフォルトのSIPがATOKに置き換えられた際に警告してくれて、OS標準のSIPに置き換えてくれます。
  6. ATOKをインストールする

  7.  このインストール手順は絶対に間違ってはいけません。下手すると失敗することもあります。


 あと余計なファイルもけっこうありましたので、こちらを参考にいろいろ削除することもできます。

 これだけで一切問題なく動作しています。ただ、気になるのが連鎖予測変換が行われないこと。単に学習してないから?それともそういう機能はないのかな?

posted by うずまき at 00:04 | Comment(1) | TrackBack(2) | PDA

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。